計算・換算

【解説】看護配置数の計算方法:「療養病棟入院基本料を例に挙げて」

病院では、届け出た病床区分ごとに必要な看護職員の人数を「看護配置数」として配置する必要があります。今回は、療養病棟入院基本料を例に挙げて『病棟における看護配置数の計算方法』について説明しいきます。

この記事のポイント!!
  • 「○○対1」について
  • 1日の看護職員の必要人数
  • 看護配置数の計算
  • 看護配置による月延べ勤務時間数

看護配置について

看護配置とは、その病棟に入院している患者様に対して必要な看護職員数を表しているものになります。

国に定められている病床の種類はいくつかに分かれているので、それぞれの医療必要度に合わせて看護配置数も異なり、急性期病床では医療の必要度の高い患者様が多く入院するので看護配置数は多く設定され、慢性期病床では急性期病床に比べて看護配置数は少なく設定されています。

この看護配置数は、患者様の人数に対しての看護職員の人数で表されていて、「○○対1」というふうに示されています。

看護配置数を表す「○○対1」

看護配置には、病床区分ごとに「7対1」「10対1」「13対1」「15対1」「20対1」などの種類があり、この「○○対1」というのは「患者様の人数:看護職員の人数」を表しています。

つまり、「7対1」の看護配置では7人の患者様に対し1人以上の看護職員を配置する必要があり、「20対1」の看護配置では20人の患者様に対し1人以上の看護職員を配置する必要があります。

○○対1看護職員の配置
7対17人の患者に対し1人以上の看護師の配置
10対110人の患者に対し1人以上の看護師の配置
13対113人の患者に対し1人以上の看護師の配置
15対115人の患者に対し1人以上の看護師の配置
20対120人の患者に対し1人以上の看護師の配置

7対1ほど手厚い看護になる

看護配置では、7対1が最も患者様に対し看護師を配置していることになり、手厚い看護を行っていることになります。

看護配置は、急性期病棟など医療必要度の高い病棟では多く配置するように定められ、療養病棟など医療必要度が急性期病に比べ低い病棟では少なくてもよい配置になるように定められています。

これは、急性期病棟の方が看護必要度の高い患者様が入院されるからです。

看護配置数の計算

看護配置数を療養病床の施設基準に当てはめて計算してみます。

療養病棟入院基本料の必要看護配置数は「20対1」となっているため、患者様20人に対し看護職員を1人以上配置する必要があります。

看護配置数の計算では、間違いやすい箇所があるのでその説明も併せて説明していきます。

看護配置数を計算するときの注意点

看護配置数を計算する際には、注意しなければならない点があります。

患者様と看護職員の病院での滞在時間は違う

看護配置数の計算では、患者様と看護職員の病院での滞在時間が異なることを考えておく必要があります。

仮に、100床の医療療養病床があり満床だったとき、何名の看護職員が必要になるでしょうか?

20対1なので、100床÷20=5人???

上記の計算で間違いないでしょうか?

答えは大間違いです。

患者様と看護職員の病院での滞在時間は違う

患者様は病院に入院しているので、朝・昼・夜、つまり一日中ずっといることになります。

それに比べ、看護職員は出勤して仕事が終われば帰ります。

100床÷20=5人

この計算では、看護職員は24時間住み込みで働き続けなければならなくなります。

つまり、看護職員が1日に何人必要なのかも考えなければいけないことになります。

1日(24時間)に必要な看護職員の数は?

入院患者様は朝・昼・夜の一日中病院にいるので、すべての時間に患者様の医療を行えるように、必要な看護職員数を考えなければいけません。

看護職員の勤務時間は1日に最大で8時間勤務です。

1日は24時間なので、24時間に何人看護職員が必要なのかを考えます。

24時間 ÷ 8時間(看護職員の1日の勤務時間) = 3人

上の計算から、1日24時間の間、常に病棟に看護職員が滞在している状態をつくるには「24時間÷8時間=3人」で、3人の看護職員が必要だということが分かります。

注意点を踏まえて必要看護配置数を計算してみる

前述した看護配置数の計算での注意点を考慮して必要看護配置数を計算すると以下のような計算式になります。

( 入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3 = 必要看護配置数

入院患者様に対して、○○人の看護配置(看護基準)を行い、それを24時間体制(1日に3人必要)で行うということです。

「患者数100・看護基準20対1」のときの必要看護配置数

仮に、「患者数100」「看護基準20対1」であった場合の必要看護配置数は以下のように計算されます。

( 100 ÷ 20 ) × 3 = 15人

「患者数100人」で「看護基準が20対1」の場合には最低15人の看護職員が必要ということが分かります。

実際の看護配置数の計算

先程までの計算は、これから療養病棟入院基本料を新規で届出する場合や、届け出ていた病床数に変更が生じ、再度療養病棟入院基本料の届出をしなおす場合に使用します。

そのような場合には、入院患者様が満床の状態でなくても、満床の状態とみなして計算を行わなければいけません。

満床の状態で対応できる人員配置を準備しなさいということです。

ただ、この申請が厚生局で受理された後に行う定例報告などについては、計算方法が異なり、満床の状態ではなく前年度の実績に合わせた計算方法になります。

一度、療養病棟入院基本料の届出をしたあとの厚生局への定例報告などは1年間の1日平均入院患者数を使用して看護配置数の計算を行います。

1日平均入院患者数

「1日平均入院患者数」は、ある一定の期間においての平均入院患者数のことです。

仮に、厚生局の定例報告において、平成31年1月の実績を作成する場合には、前月までの1年間である「平成30年1月1日~平成30年12月31日」の期間の1日平均入院患者数を使用します。

ちなみに、病院の入院患者数は、ほとんどの場合”0人~満床”の人数までを変動するため、常に満床でない限りは「1日平均入院患者数」も満床よりも少ない数字になります。

つまり、必要看護配置数も満床のときの状態で計算したときよりも少なくなることになります。

満床の人数 ≧ 1日平均入院患者数

満床のときの必要看護配置数 ≧ 1日平均入院患者数で計算した1日平均入院患者数

1日平均入院患者数による必要看護配置数の違い

1日平均入院患者数による必要看護配置数の違いを、実際に1日平均入院患者数を変化させて計算してみました。

療養病棟入院基本料(100床の療養病棟):1日平均入院患者数100人

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

100 ÷ 20 × 3 = 15人

15人が必要な看護師の数になります。

療養病棟入院基本料(100床の療養病棟):1日平均入院患者数80人

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

80 ÷ 20 × 3 = 12人

12人が必要な看護師の数になります。

療養病棟入院基本料(100床の療養病棟):1日平均入院患者数60人

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

60 ÷ 20 × 3 = 9人

9人が必要な看護師の数になります。

療養病棟入院基本料(100床の療養病棟):1日平均入院患者数40人

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

40 ÷ 20 × 3 = 5人

5人が必要な看護師の数になります。

看護配置数と月延べ勤務時間数

1日平均入院患者数から必要な看護配置数を計算し、看護職員を病棟に配置したとしても、その人数の看護職員が病棟に在籍しているだけではだめです。

在籍と同時に勤務時間数も満たす必要があります。

勤務時間数とは、出勤してから退社するまでの時間ですが、その病棟に在籍する看護職員のその月の勤務時間数をすべて足したものを月延べ勤務時間数と言います。

施設基準を満たすために必要な「月延べ勤務時間数」

病棟の「月延べ勤務時間数」は、その病棟に在籍する看護職員のその月の勤務時間数を足すことで求められます。

それでは、次にその病棟のその月に「必要な月延べ勤務時間数」を計算します。

必要な月延べ勤務時間数 = 8hr × 必要看護配置数 × 月日数

  • 8hr:看護職員の最大勤務時間
  • 必要看護配置数:1日に配置する必要がある看護職員数
  • 月日数:その月の日数(5月なら31日になる)

月延べ勤務時間数の計算:例1

  • 療養病棟入院基本料(100床の療養病棟)
  • 1日平均入院患者数100人
  • 5月の実績

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

100 ÷ 20 × 3 = 15人

15人が必要な看護師の数になります。

必要な月延べ勤務時間数 = 8hr × 必要看護配置数 × 月日数

8 × 15 × 31 = 3720時間

3720時間が必要な月延べ勤務時間数になります。

月延べ勤務時間数の計算:例2

  • 療養病棟入院基本料(100床の療養病棟)
  • 1日平均入院患者数80人
  • 5月

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

80 ÷ 20 × 3 = 12人

12人が必要な看護師の数になります。

必要な月延べ勤務時間数 = 8hr × 必要看護配置数 × 月日数

8 × 12 × 31 = 2976時間

2976時間が必要な月延べ勤務時間数になります。

月延べ勤務時間数の計算:例3

  • 療養病棟入院基本料(100床の療養病棟)
  • 1日平均入院患者数60人
  • 5月

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

60 ÷ 20 × 3 = 9人

9人が必要な看護師の数になります。

必要な月延べ勤務時間数 = 8hr × 必要看護配置数 × 月日数

8 × 9 × 31 = 2232時間

2232時間が必要な月延べ勤務時間数になります。

月延べ勤務時間数の計算:例4

  • 療養病棟入院基本料(100床の療養病棟)
  • 1日平均入院患者数40人
  • 5月

必要看護配置数 = ( 1日平均入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3

40 ÷ 20 × 3 = 5人

5人が必要な看護師の数になります。

必要な月延べ勤務時間数 = 8hr × 必要看護配置数 × 月日数

8 × 5 × 31 = 1240時間

1240時間が必要な月延べ勤務時間数になります。

施設基準を満たす状態を保つために

施設基準を満たすために計算して出される看護職員の数はあくまで最低限の人員配置になります。

最低限の人員配置というのは、急に誰かが出勤できなくなることで基準を満たせなくなるということです。

看護職員は女性が多く、男性に比べ、生理休暇・産休・育休などを理由に休みを必要とする場合があります。

実際に病棟の看護職員の月延べ勤務時間数は、一人の職員が長期休暇を取ることで変動します。

急な人員不足で施設基準を満たすことができなくならないように余裕を持った人員配置をしておくことが重要です。