計算・換算

[様式9]「日勤・夜勤の時間」と「申し送り時間」の考え方

看護職員の勤務時間数の計算においての「日勤・夜勤の時間」、「申し送り時間」について説明します。

病院においての「夜勤時間」の設定

「夜勤の時間」は、午後10時から翌日午前5時までの7時間を含む連続する16時間の間で、各保険医療機関が定めることができるようになっています。

夜勤 ⇒ 22:00 ~ 翌日 5:00(7時間)を含める16時間

「午後10時から翌日午前5時までを含む連続する16時間」をあてはめるとすれば以下のような感じになります。

  • 13:00 ~ 翌日 5:00
  • 14:00 ~ 翌日 6:00
  • 15:00 ~ 翌日 7:00
  • 16:00 ~ 翌日 8:00
  • 17:00 ~ 翌日 9:00
  • 18:00 ~ 翌日 10:00
  • 19:00 ~ 翌日 11:00
  • 20:00 ~ 翌日 12:00
  • 21:00 ~ 翌日 13:00
  • 22:00 ~ 翌日 14:00

ただ、実際の夜勤時間と合わせる必要はなく、実績の計上に効率的な時間設定をしてよいことになっています。

ちなみに、もし「17時から翌日9時まで」を夜勤時間として設定した場合には、「9時から17時まで」が日勤時間ということになります。

  • 夜勤時間 ⇒ 17:00~9:00
  • 日勤時間 ⇒ 9:00~17:00

看護要員の勤務時間を計算するときの「日勤時間」と「夜勤時間」

「施設基準の看護配置等(様式9)」の作成にあたっては、看護要員の勤務時間を「日勤の時間」「夜勤の時間」に分けて計算するようになっています(下の図:赤枠)。

「施設基準の看護配置等(様式9)」を作成するときの「日勤・夜勤の時間」と「申し送り時間」の考え方

この様式9においての「日勤の時間数」と「夜勤の時間数」は、その病院で設定している「夜勤時間(午後10時から翌日午前5時までの連続する16時間)」を利用して計算します。

(例)夜勤時間17時から翌日9時

夜勤の時間を「17:00から翌日9:00」に設定した場合、看護師の勤務する時間によって、日勤であっても夜勤の時間が発生することがあります。

勤務① 9:00~17:00

日勤8時間(9:00~17:00) 夜勤0時間

勤務② 7:00~14:00

夜勤2時間(7:00~9:00) 日勤5時間(9:00~14:00)

朝の7時からの勤務の場合、7時から9時の間の2時間は夜勤の勤務扱いになります。 

勤務③ 10:00~18:00

日勤7時間(10:00~17:00) 夜勤1時間(17:00~18:00)

夕方18時までの勤務の場合、17時から18時の間の1時間は夜勤の勤務扱いになります。

”②、③”の勤務時間を見てわかるように、日勤であっても夜勤時間の設定にあてはまれば夜勤をしたことになります。

「申し送り時間」の取扱い

病棟の勤務では、「日勤勤務帯」「夜勤勤務帯」が交替する際に患者様の情報やその他の重要事項を引き継ぐために、「申し送り時間」というものが設けられています。

この「申し送り時間」では、「日勤勤務者」と「夜勤勤務者」の勤務時間が重なることになりますが、勤務時間数の計算の際には申し送った側の時間は算定せず、申し送られた側の時間のみを算定します。

ただし、「早出」と「遅出」の人には申し送り時間は設けません。

(例)申し送り「8:30~9:00」と「17:00~17:30」

ある病院において、申し送り時間を「8:30~9:00」と「17:00~17:30」に設定しているとします。

仮に、夜勤勤務者と日勤勤務者の勤務時間が下のようになっている場合、

  • 夜勤勤務者  17:00~9:00
  • 日勤勤務者  8:30~17:30

夜勤勤務者の「8:30~9:00」の30分間は、日勤勤務者への申し送り時間とし、勤務時間数の算定には入れません。

夜勤勤務者 17:00~8:30(15時間30分)

日勤勤務者の「17:00~17:30」の30分間は、夜勤勤務者への申し送り時間とし勤務時間数の算定には入れません。

日勤勤務者 8:30~17:00(8時間30分)